心の病について

心の病は脳の神経細胞の栄養失調!?

神経細胞(繊維)がやせ細り栄養状態が悪く神経伝達物質も少ない状態に加え、化学的な神経の薬などで神経細胞が傷つくと、神経細胞はさらにやせ細ってきます。

実は、化学薬品(睡眠導入剤や抗うつ薬)などはシナプス(末端)にしか効かないため、服用したら一時的には効きますが、そのうち効かなります。神経伝達物質の慢性的な不足になると、不眠症、不安神経症、うつ症状、総合失調、認知症、パニック障害などを引き起こします。

神経細胞を元気にするために。

神経細胞を元気にするために、食事や保険薬で栄養補給が大事です。
当薬局では、神経細胞をふっくらするために、ビタミン含有保健薬をご紹介いたします。
ギャバやドーパミン(神経伝達物質)、セロトニンを増やす食事では、レシチン豊富な生卵、タンパク質は大豆や魚介類、赤身の肉、緑黄色野菜やマグネシウムのミネラルをしっかり摂取しましょう。

心の病でお悩みの方は、まずはお気軽にご相談くださいませ。

ご相談の流れ
メールマガジン登録
ページ上部へ戻る